稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

博多の道路陥没を超える世界の道路大陥没

ニュース

博多の道路陥没を超える世界の道路大陥没
  • FX両建て必殺技
FX両建て必殺技

博多の駅前道路が突然陥没して驚いたが、何と世界にはもっと大規模な陥没事故があり、しかも復旧技術は遅れており、通行に大きな支障がでて市民は途方にくれている例が後をたたないようだ。
福岡市博多駅前の道路陥没は、市民には全く突然のことでさぞ驚かれたことだろうと思いますが、実は、日本においても多くの都市で陥没事故が発生している。
中には、人名が犠牲になったものもあるが、道路陥没の原因は、概ね、道路の建設上の問題があげられる。
大きな地下鉄工事、下水道や水道工事、地下街工事、あるいは、鉱物資源、ガス資源の採掘跡などにおける埋戻しの不十分さにある。
もともと、従来の安定した地盤を工事により掘削し、砂や他の場所から採取した土砂で埋め戻しているため、どうしても馴染みが悪い。
しかも、地下街の工事とかトンネルとか上下水道地下鉄などの工事においては、地下を走っている地下水の水脈を切ってしまってそのままにしておいたり、地下水脈をうまく処理できないままにして工事を完成させてしまう問題がある。
また、その埋戻し後に道路を建設した場合、道路の路盤下の基礎地盤がもともと埋め戻し度のために極めて不安定なのだ。
さらに、道路遠藤にはビルが立ち並びビルの屋上に降った雨水はドレンパイプを通じて地下の下水道管に流れ込んでいるのが一般的な都市のスタイルなのだが、地震や経年変化により地下を通るドレンパイプと下水管をつなぐ接続の継ぎ手などに亀裂や破損が生じることになる。
何しろ地下のことなので、地上からは見えない。
いつの間にか少しずつ水漏れが生じる。
そして、土砂がその水とともに、地下の地盤がゆるい、埋戻転圧不十分な箇所に土砂を流し込んでいく。
流された土砂の跡は空洞になる。
ある日突然耐えられなくなった地表面の道路面だどが陥没するという構図になる。
地下工事の後の埋め戻しが不十分なところほど陥没事故が多くなる。
中国や韓国などは、まだまだ技術が遅れている。
発達を急ぐ国ほど起こりやすい現象なのだ。
もちろんアメリカやイギリスにも大きな陥没事故はある。
原因は概ねわかっているのだが、これを未然に防ぐのは大変だ。
福岡の事故もそうだが、東京はじめ大都市で発声すると大事故につながる。
定期的なかつ有効な点検が必要だ。
日本もそうだが、開発にばかり金をかけて、このような維持管理の万全に金を惜しんでいれば、大きな禍根を残すことになる。

博多駅前の道路陥没事故を伝えるNNNニュース記事

住民に避難勧告

博多駅前住民に避難勧告
【時事通信ニュース映像センター】の報道によれば、
「福岡県警博多署などによると、市道が長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートルにわたり陥没していた。同市消防局によると、現場付近のビルが停電し、その際に70代女性が転倒。体の右半分を打撲するけがをした。福岡市は同9時45分に、同区博多駅前2~3丁目の住民に避難勧告を出し、区内の公民館に避難所を開設した。」
とのことである。
住民の避難については当然だ、陥没によって危険なのはカス間の破裂とガス漏れによる引火でガス爆発が発声する危険があるからだ。


アメリカの道路陥没(車3台が転落)

シカゴでシンクホール出現 車3台を飲み込んだという。
シンクホールとは、シンクホールとは主に、地下水流の変動などにより地盤の侵食が進み地中の空洞化が進んだ結果、突然地面が陥没し、地表に大きな円形の穴があく現象をいう。
 地下水流だけではなく、酸性雨なども原因となる。
酸性雨は、が地下に浸透すると、酸に溶けやすい性質の岩盤を溶かしてしまうのだ。結果として地盤を構成していた大きな岩盤さえ自然に流されてしまうことになる恐ろしい現象だ。

出典 http://blog-imgs-58.fc2.com

シンクホールとは突然地面が陥没し、地表に大きな円形の穴があく現象。 主に、地盤の侵食などにより地中の空洞化が進んだ結果引き起こされると考えられている。 酸性雨などが地下に浸透すると、酸に溶けやすい性質の岩盤が溶かし流され、結果として地下に巨大な空洞ができる。2015/05/09

出典 http://www.youtube.com

出典 http://natgeo.nikkeibp.co.jp

4月26日、中国、北京で道路が突然陥没し、トラック1台をのみ込んだ。一部報道によると、この巨大な陥没穴の下では地下鉄工事が進められており、トンネルの建設中だったという。

Photograph from AFP/Getty Images
 ショベルカーを使い修復される、中国北京の道路に空いた穴(4月下旬撮影)。 アメリカ、テネシー州の地質調査機関に所属するマイク・ホヤル(Mike Hoyal)氏によると、陥没穴の発生要因には天候も挙げられるという。例えば、干ばつが長期間続くと、地中の粘土にひび割れ、縮小、粘性の低下が生じる可能性がある。

出典 http://natgeo.nikkeibp.co.jp

出典 http://i.gzn.jp

:悪魔の陥没穴(アメリカ・テキサス)

1867年に入植者によって発見された、深さ約121m、開口部は12~18mもあるというテキサスの「悪魔の陥没穴(Devil's Sinkhole)」。内部には400万匹ものコウモリが住んでいるとのこと。


400万匹ものコウモリが飛び交っているムービーを見てみると、「悪魔」という名前が付けられたことにも納得できそうな感じがします。

出典 http://gigazine.net

1

スポンサーリンク

関連記事

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ