キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

「愛子さま」のご成長のご様子宮内庁より

ニュース

「愛子さま」のご成長のご様子宮内庁より
  • FX両建て必殺技
FX両建て必殺技

15歳の誕生日誠におめでとうございます

この程愛子さまは15歳の誕生日を迎えられました。
誠におめでとうございます。
愛子さまは敬宮 愛子内親王(としのみや あいこないしんのう)殿下と称されますが、誕生日は、2001年(平成13年)12月1日 )です。


愛子さまは、学業成績大変優秀ないっぽう巷では「発達障害」があるのではとの噂もあり、国民から心配をされ注目されています。


この度、15歳の誕生日を迎えられるに当たり、宮内庁からこの一年の愛子さまのご様子が明らかにされました。


これによりますと、愛子さまは大変お元気に成長されているご様子で、大変嬉しく思います。

出典 http://powerspot.xyz

愛子内親王殿下には、まもなく満15歳のお誕生日をお迎えになります。

出典
2016年12月1日05時13分
朝日新聞デジタルより
http://digital.asahi.com/articles/ASJCZ5787JCZUTIL02D.html?_requesturl=articles%2FASJCZ5787JCZUTIL02D.html&rm=1117
(愛子さま、雅子さまからバッティング指導 近況全文)

この一年のご活動を振り返りますと、今年1月には、4度目となる長野県奥志賀高原のスキー教室に参加なさいました。指導者とともに上級者向けのコースをお滑りになったり、お友達とご一緒にフォーメーションを組んでご滑走になるなど、充実した日々をお過ごしでした。3月には、両殿下とご一緒に同高原でスキーをなさり、眺めの良いコースや難易度の高いコースをお滑りになりました。

3月中旬には女子中・高等科の送別学芸会があり、中等科2年生は全員で演劇の出し物に参加しました。内親王殿下は、演劇の場面に合わせて弦楽合奏のチェロを演奏なさいました。また、弦楽合奏の一部の曲は内親王殿下がお友達とご一緒に編曲も手がけられました。学期末試験後の試験休みにも、学芸会の準備のためほぼ毎日ご登校され、お友達とご一緒に熱心に練習に取り組まれました。

4月、中等科3年生になられ、これまで以上に勉学にお励みで、お忙しい日々をお過ごしでいらっしゃいます。

4月中旬に行われた「第30回オール学習院の集い」では、初等科の管弦楽部のOGとして、演奏に参加なさいました。チェロパートの一員として、ブラームス作曲のハンガリー舞曲第5番及び第6番の2曲をご演奏になったほか、OB管弦楽団などを含めた大合同演奏では、エルガー作曲の行進曲「威風堂々」とヨハン・シュトラウス1世作曲の「ラデツキー行進曲」をお弾きになりました。

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

 4月下旬に行われた球技会では、複数の競技の中から、昨年と同様にソフトボールをお選びになりました。内親王殿下はチームのリーダーをお務めになり、昼休みや放課後にチームメートとご一緒に熱心に練習をなさいました。また、学校からご帰宅後も、赤坂御用地で職員と毎日のように練習をなさるとともに、両殿下とキャッチボールをなさったり、妃殿下よりバッティングの指導をお受けになりました。試合は中等科2年生と3年生によるクラス対抗のトーナメント方式で行われ、内親王殿下の所属されるクラスのチームは、3試合連続で勝利を収め、決勝戦まで勝ち進みましたが、決勝戦では同じ中等科3年生のチームと対戦して接戦の末惜しくもサヨナラ負けとなり、準優勝となりました。内親王殿下は、試合において、安打数本をお打ちになり打点を挙げられたり、堅い守備をなさるなど攻守にわたり練習の成果を発揮なさいました。

5月上旬には、修学旅行のため、兵庫県・岡山県・香川県・広島県にいらっしゃり

5月上旬には、修学旅行のため、兵庫県・岡山県・香川県・広島県にいらっしゃり、姫路城、倉敷、金刀比羅宮、広島平和記念公園、厳島神社などをご見学になりました。広島平和記念公園では原爆死没者慰霊碑や原爆ドームをご見学になり、被爆体験の語り部から原爆投下時及びその後の市民の様子をお聞きになりました。広島平和記念資料館では、黒こげのお弁当箱、石段に焼きついた人影、原爆投下直後の焼け野原を再現した展示、原爆による後遺症のVTRや展示などを丹念にご覧になり、戦争の悲惨さと平和の尊さを改めて学ばれました。さらに、原爆の子の像では、女子中等科3年生全員で平和を願って折った千羽鶴を捧げました。ちなみに、今回のお誕生日用の写真、映像での折り鶴はこれにちなんだものです。また、平家ゆかりの厳島神社では、歴史に思いをはせつつ、舞楽をご覧になり、宮島の青空に響く舞楽の音とすばらしい舞に感銘をお受けになりました。内親王殿下には、これらの史跡や文化遺産をお友達とご一緒に熱心にご見学になり、日本の歴史や文化に触れられるという貴重な経験をなさいました。


 今年は、学業の合間を縫って、両殿下とご一緒に様々なご経験をなさいました。3月には、映画「エヴェレスト 神々の山嶺」ネパール大地震復興支援チャリティー試写会を御鑑賞になり、また、「日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展」をご覧になりました。


 4月上旬には、日伊国交樹立150周年記念 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の挑戦」及び昭和天皇記念館開館10周年特別展示「思い出の昭和天皇」をご覧になりました。昭和天皇記念館がある国営昭和記念公園では、平成11年4月の第10回全国「みどりの愛護」のつどいにおいて両殿下がお手植えになり、大きく育ち大輪の花を咲かせたばかりのサトザクラを三殿下ご一緒にご覧になりました。

5月中旬には、日本にお越しになったブータン王国前王妃陛下及び王妹殿下とのお会いにご同席になり、和やかにお話になりました。

6月上旬には、「日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展」をご覧に

6月上旬には、「日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展」をご覧になり、両殿下がそれぞれポンペイ遺跡をご訪問になった思い出を興味深くお聴きになりました。


 7月下旬、両殿下とご一緒に奈良県・京都府にお成りになり、神武天皇山陵をご参拝になるとともに、京都御所をご見学になりました。神武天皇山陵のご参拝及び京都御所のご見学はともに、内親王殿下にとり、初めてのご経験となりました。神武天皇山陵ご参拝に際しては、様々な所作を事前に学ばれ、つつがなくお務めを果たされました。また、京都御所においては、紫宸殿、清涼殿などの御所内の建築物を大変関心深くご覧になりました。同月末、「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」にお出ましになり、色彩豊かな絵画の数々をご覧になりました。 8月初め、第40回「水の週間」水を考えるつどい及びシンポジウムにお出ましになりました。同行事へのお出ましは、内親王殿下にとり、初めての公的な式典へのお出ましとなりました。同月上旬、沖縄と函館の豆記者の子供たちとお会いになり、内親王殿下には、沖縄の様子などについて同じ世代の子供たちから話をお聴きになり、ご交流をなさいました。同月中旬、両殿下とご一緒に長野県にお成りになり、第1回「山の日」記念全国大会にお出ましになるとともに、上高地をご散策になりました。内親王殿下にとり、両殿下の地方での御公務への初めてのご同行となりましたが、「山」の大切さを次の世代にも引き継いでいくという式典の趣旨からも、多くを学ぶ有意義なご経験となりました。


 また、今年も、8月上旬に学習院戸山キャンパスで行われたイングリッシュ・セミナーを受講なさいました。

8月中旬の須崎御用邸のご静養

8月中旬の須崎御用邸のご静養では、御用邸前の海で泳がれ、いろいろな生き物をご覧になられたほか、自転車をお乗りになったり、ご散策などをなさってお過ごしでした。8月下旬からは、那須御用邸附属邸でお過ごしになりました。3年ぶりに両殿下とご一緒にご登山をされ、那須岳のうち茶臼岳と朝日岳を縦走なさり、美しく咲いたリンドウをはじめとする山の草花をご鑑賞されたり、一般の登山客の方々と親しくお話をなさるなど、ご登山を楽しまれました。また、一学期の古文の授業でお読みになった平家物語の屋島の戦いの下りに関連する那須温泉神社を初めてお訪ねになりました。

9月下旬から、お疲れがお出になり、ふらつきなどの症状

9月下旬から、お疲れがお出になり、ふらつきなどの症状がみられましたことから、大事をとって女子中等科をご欠席なさいました。11月上旬より、ご体調をみながら、徐々にご通学の時間を長くなさりつつ、可能な範囲でご通学を続けていらっしゃいましたが、現在では、ほぼ平常通りご通学になっていらっしゃいます。


 日頃、東宮御所では、学校の課題や予習・復習などに励んでいらっしゃいます。教科によっては両殿下から、アドバイスをいただかれることもございます。また、学校で経験された様々なことを両殿下によくお話しになっておられます。9月下旬に学校をお休みになる以前には、殿下とご一緒にランニングや両殿下とご一緒にテニスをなさることもございました。また、日頃より、職員とソフトボール、バレーボールなどをお楽しみになっておられました。最近はお庭を散策なさったり、ご内庭や赤坂御用地内でできた野菜や果物(里芋、ミカン、かりん、銀杏)などを収穫なさっていらっしゃいます。


 また、5月末には、6年前に保護して飼っていらした猫の親子の母猫の方が亡くなり、9月より新たに保護された子猫を譲り受けられて飼い始められました。今回の写真と映像で内親王殿下のおひざの上に乗っている子猫の「セブン」ですが、以前に写真撮影に加わった犬の「由莉」、猫の「みー」(親子猫の子の方)、「セブン」のお世話も日頃なさっていらっしゃいます。

出典 http://blog-imgs-61.fc2.com

愛子内親王殿下には、15歳のお誕生日をお迎えになるに当たり、学校生活の中で、また皇太子同妃両殿下とご一緒にご活動になる中で、このように様々な経験をお積みになりながら、成長していらっしゃいます。

1

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

月別アーカイブ