藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

スタンガンの即時使用を認める大韓航空、日本では?

ニュース

スタンガンの即時使用を認める大韓航空、日本では?
FX両建て必殺技2.jpg

スタンガンの即時使用を認める大韓航空、日本では?

2016年12月21日大韓航空機内で酔っ払いの男が暴れまくった事件があり、乗務員と米国に人気歌手であるリチャード・マークスさんがロープを使ってその男を捕まえ騒ぎを収めたという事件でした。


その後、リチャード・マークさんは地震のフェースブックの中で、写真を公開し、大韓航空の乗務員が、男が暴れるのを手をこまねいていることに義憤を感じたらしく、自らも取り押さえを手伝ったといいます。

このフェースブックの中でリチャードさんは、乗務員がこのようなケースの収拾について、乗務員が何ら訓練を受けていないのではないかと指摘しました。

写真には、乗務員は女性でスタンガンを手に持ってはいたものの、それを使用するほど近づくこともできない様子だったらしい。

そこで、この指摘を受け大韓航空では12月27日、機内でのスタンガンの即時使用を認めると声明を発表しました。

これまでの大韓航空の取扱では、「乗務員がスタンガンの使用をためらったのは、乗客や乗務員の命、あるいは飛行の安全が脅かされるような「深刻な」状況の時のみスタンガンの使用が許可されていた」からだといいます。

さて、日本の場合はどうなのしょうか。
日本の国内法では、人に危害を与えるものを規制する法律として銃刀法と軽犯罪法があり、スタンガンは銃刀法には抵触しません。

しかし、軽犯罪法では持ち歩いて使い方を間違えると犯罪になります。

電気製品ではあっても人に電気ショックを与えて一時的に人の活動を制限するものですから、武器として使えないことはありません。

防御グッズとして催涙スプレーのようなものもありますが、これにしても防御専用とはいい難く、犯罪に利用しようと思えば利用可能です。

そこでこれらは日本の航空機への機内持ち込みが禁止されています。もちろん機内預かり貨物としては、運搬は可能ですが。

何れにしても、韓国の場合、機内でアルコールを振る舞っていたことで、中には泥酔者が出る危険があること、乗務員が女性ばかりで、暴漢があばれる場合に体力では難しいため、スタンガンなどの用意はあったにしても、訓練がされていないこと、などリチャードさんが指摘したとおり問題があったと思われます。

アルコールは制限すべきではないでしょうか。

---------------------
http://www.ksp-web.co.jp/s-web/img/s-307-010.jpg
(画像:スタンガン)

スポンサーリンク

大韓航空、暴れる乗客に対しスタンガンの「即時使用」が可能に

大韓航空(003490.KS)は27日、暴力的な乗客への対応ができていないと米歌手リチャード・マークスさんから批判されたことを受け、機内での騒動に対処するために乗務員が「迅速にスタンガンを使用する」ことを認める方針を明らかにした。


乗務員の安全訓練も強化するという。


マークスさんは先週、フェイスブックとツイッターに投稿し、「乗務員や他の乗客を攻撃していた乗客」を取り押さえるのに協力したことを明らかにしたうえで、混乱や危険な状況に対する乗務員の訓練不足や装備不足を指摘した。


大韓航空は27日、乗務員がスタンガンの使用をためらったのは、乗客や乗務員の命、あるいは飛行の安全が脅かされるような「深刻な」状況の時のみスタンガンの使用が許可されていたからだと発表文書で説明。


「機内での暴力的な行動や騒動に迅速かつ効率的に対応するため、スタンガンの使用に関する条件や規則を改正する」方針を明らかにした。


政府の統計によると、韓国では、機内での不法行為が過去5年で3倍以上増加している。

出典 http://jp.reuters.com

1

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

月別アーカイブ