次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ひき逃げ事件やまず

ニュース

ひき逃げ事件やまず
  • FX両建て必殺技
FX両建て必殺技

ひき逃げ事件やまず

2016年12月29日午後5時ころ千葉県市原市の横断歩道を渡っていた女性に車がぶつかり車はそのまま逃走した事件がありました。

交通事故件数はこのところ年々減っているとは言えまだまだ多数発生しています。
平成28年度は警察庁の統計によりますと、11月末現在で449,872件の交通事故が発生しています。

そのうち、死者は3484人、負傷者数は557,173人とかなり多くの人が交通事故で犠牲になっています。
航空機事故は年間13件(平成28年度12が丁目22日現在=運輸安全委員会発表)で、自動車事故に比較すると非常に少ないことがわかりますが、ま、飛行機事故の場合は落ちたら大抵は助かりませんから、恐怖度が違いますが・・・。
画像引用:http://social.ja-kyosai.or.jp/images/contribution/school_mv/img01.jpg

ひき逃げ事件

さて、ひき逃げですけど、これは交通事故ではなくて犯罪です。
正に殺人と同じですから、どうしても検挙していただかなければなりません。


ひき逃げ事件に関しては、平成27年度犯罪白書に次のような記述がありました。

ひき逃げ事件(人の死傷を伴う道路上の交通事故に係る救護措置義務違反)の発生件数及び検挙率の推移(最近20年間)は,1-3-1-2図のとおりである。発生件数は,平成12年以降急増したが,17年から10年連続で減少し,26年は9,231件(前年比468件(4.8%)減)であった。検挙率は,8年以降低下していたが,17年からは上昇している。死亡事件に限ると,検挙率はおおむね90%を超える高水準で推移している。

ひき逃げ事件のことを「人の死傷を伴う道路上の交通事故に係る救護措置義務違反)」ということらしいけれど、これは道路交通法上の言い回しだと思うのですが、これは明らかに犯罪ですよね。殺人か、傷害か、それらに同等だと思います。

だって、逃げてしまうのだから、被害者が傷ついて苦しんでいるのを知っていて逃げるのだし、重症の場合は死ぬかもしれないことを承知で逃げるんだから、これはかなり罪を重くしなければいけないよね。

1

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

月別アーカイブ