稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

【新開発】がん細胞排除の新治療法開発

よかった

【新開発】がん細胞排除の新治療法開発
  • FX両建て必殺技
FX両建て必殺技

【新開発】がん細胞排除の新治療法開発

またまたビッグニュースが飛び込んできました。
京大グループ生命科学研究科の井垣達吏教授と大学院生の山本真寿さんらの研究で明らかになったようですが、これが実用化されるといいですね。

今まで、よく聞いたことがある話として、「高麗人参の抽出液のどろどろしたものを毎日飲んでいた人が、いままで体内に確認されていたがん細胞が消えていた。」とか「○○病院に入院して食事療法を続けたらがん細胞が消えた」とか、そんな話を聞いたことがあります。

科学的に解明されなくても、正常細胞の機能を良くすることによってその周囲に発生しようとするがん細胞を抑制するといったメカニズムがあるのかもしれません。

ぜひ期待したいところですね。

がん細胞、排除する仕組み解明 京大グループ、ハエで確認

がんの前段階にある細胞が周囲の正常な細胞から攻撃されて取り除かれる仕組みを、京都大生命科学研究科の井垣達吏教授と大学院生の山本真寿さんらが突き止めた。新たながん治療法の開発につながることが期待できる。英科学誌ネイチャーに17日、発表する。
 がんは、正常細胞の遺伝子が徐々に変化することで生じる。がん化の初期の段階で、周囲の正常細胞から攻撃されて排除されることは分かっていたが、詳細なメカニズムが不明だった。
 グループは、ショウジョウバエを使い、がん化の過程にある細胞を人工的に体内に作って実験した。結果、正常細胞の表面にあるタンパク質「Sas」が、前がん細胞の表面にあるタンパク質「PTP10D」に結合すると、前がん細胞の細胞死を引き起こすことが分かった。前がん細胞内では、がん化の過程も止まることが判明した。
 PTP10Dに似たタンパク質はヒトでも確認されているため、同様のがん排除の仕組みがヒトに存在する可能性があるという。井垣教授は「哺乳類でも実験し、新たながん治療の戦略となるか検討したい」としている。

出典 http://

【ここまで進んでいる!最新がん治療!】世界が注目「ニボルマブ」「ナノマシン」2015 12

1

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

月別アーカイブ