旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

【忸怩たる思い】中3飛び降り自殺は担任と学校への不信感が原因

悲劇

【忸怩たる思い】中3飛び降り自殺は担任と学校への不信感が原因
  • FX両建て必殺技
FX両建て必殺技

【忸怩たる思い】中3飛び降り自殺は担任と学校への不信感が原因

大阪市のビルから飛び降り自殺した中学生の遺したゲーム機は、友達に預けられていましたが、その中に「遺言」が書き記されていました。

その内容は「担任によって学力、存在価値、生きがい、性格、私の人生全てを壊された」と書き込まれていました。

そして彼は、友達に「さよなら」と言い残して、どこしれず去っていったといいます。

生徒は、両親に「担任が親身になってくれない」と嘆いていたといい、学校側は、見守りを別の教諭にさせたり、進路指導も別の教諭がやるようにしたといいます。

しかし、そのような措置をとったにも関わらず、結果は死に至ったのです。

学校側の対応が、もう少し早く、真摯なもので、より密着した真剣さの伴うものであったならば、生徒の自殺を止めることができたかもしれません。

しかし、それでも、やはり自殺したのかもしれません。

なんとも、後味の悪い、忸怩たる思い、悔しく残念な思いがあります。

「先生」という仕事は、単なる8時間労働者から超越した、生徒という一人ひとりの人間を育てる職務にあるものです。

そのために、単なる「教える人」ではなく「先生」なのです。

これを機会に、学校全体で、日本全体で教育の在り方を考え、少なくても、今日以降は、生徒に「その人格を否定された」と思われるような最大級の不信感が、絶対になくなるようにすることこそ、死んだ生徒への餞になると思います。

一宮市立浅い中学校 生徒はここの3年でであった。

スポンサーリンク


<愛知・中3飛び降り死>担任教諭に不信感 市教委が公表

 愛知県一宮市立中学校3年の男子生徒(14)が6日に大阪市のビルで飛び降り自殺したとみられる問題で、一宮市教育委員会は11日に記者会見し、この生徒が担任の男性教諭に不信感を持っていたことを明らかにした。市教委は第三者委員会を設置し、原因と担任教諭や学校の責任などについて調査する。

 市教委によると、生徒は昨年9月の体育祭の組み体操でけがをして、病院で両手親指の骨にひびが入ったことが分かった。それを母親が学校に連絡した際、担任教諭はけがを教頭に報告しておらず、対応などから不信感を持つようになったという。保険手続きにも不備があり、両親は改善を求めていた。

 生徒も両親に「担任が親身になってくれない」と話していたとされる。学校側は別の教諭が見守ったり、進路指導の担当を代えたりして対応をしていた。

 両親は「自殺の原因は不信感がたまったから」と話しているという。生徒は今月6日の夕方、友人に「さよなら」と言って行方が分からなくなった。友人に預けた携帯ゲーム機に「遺言」と題して「担任によって学力、存在価値、生きがい、性格、私の人生全てを壊された」などと書き込まれていた。

 記者会見した中野和雄教育長は「行動の裏にある心が見えなかった。おわびしたい」と謝罪した。さらに「自ら死を選ぶまでに思い悩んでいたことに気付かず、申し訳ない。責任を感じている」とした10日のコメントを「担任と学校に対する不信感などから生徒が自ら死を選ぶまでに至ったことは責任を感じている」と訂正した。【河部修志】
毎日新聞 2/11(土) 22:21配信から引用

出典 http://

1

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

月別アーカイブ