憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

「逮捕歴の報道記事」削除認められず

差別

「逮捕歴の報道記事」削除認められず
  • FX両建て必殺技
FX両建て必殺技

「逮捕歴の報道記事」削除認められず

 過去の過ちで「児童買春」を行った男性が、その後、妻子とともに平穏に暮らしていたが、ネット上では、昔犯した「児童買春」の報道記事が依然として削除されず、男性としても、その家族としても、人目が気になり、平穏な生活を続けることができないでいる。


そんな状況がいつまでも続いてよいのだろうかと、・・EUでは「忘れられる権利」を認めるとする事情もある中で、男性側としては、「グーグル」に削除を求めたが、これを拒否され、裁判となった事案です。


さて、日本では犯罪を犯したものに対する世間の目は非常に厳しく、刑務所から出てきても、なかなか就職できない。


結局は、食べるのにも困ってまた犯罪を犯し刑務所へ逆戻りのケースが非常に多く、社会問題化している。


特に、知的障がい者、生活困窮者などにこれが多く、適切な支援活動によって再び罪を犯す事なく、平穏に暮らせる人生を取り戻したいという、本人たちの願いに寄り添っていこうとする福祉事業所も増えている。


このような情勢の中で、「ネット検索」にヒットすることによって、その後の生き方を著しく窮屈に、しかも、いつまでも続けなければならないとすれば、本人にとっては、大変な苦しみだとは思う。


この判決は、ネット情報が「犯歴」をいつまでも残しておくことについて、幾つかの条件はあるが、やむを得ないものと判断したようだ。


人生一度の過ちが、その人の一生を狂わせてしまう例は、沢山有るとは思うが、何かもっと良い判断ができなかったものであろうかと、考えさせられる。


出典 http://img.news.goo.ne.jp

スポンサーリンク


ネット検索結果、削除認めず=逮捕歴「公共の利害」―初の判断基準示す・最高裁

時事通信 2/1(水) 12:13配信

 インターネット検索サイト「グーグル」で名前などを入力すると、逮捕歴に関する報道内容が表示されるのはプライバシーの侵害だとして、男性が検索サービス大手の米グーグルに検索結果の削除を求めた仮処分申し立ての抗告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日までに、「男性の逮捕歴は公共の利害に関する」として削除を認めない決定をした。

 決定は1月31日付で、裁判官5人全員一致の意見。

 最高裁は、検索結果の表示の社会的な意義などと比較して「個人のプライバシー保護が明らかに優越する場合は削除が認められる」という判断基準を初めて示した。

 欧州連合(EU)が認めて関心が高まった「忘れられる権利」については言及しなかった。

 検索結果の削除を求める訴えが相次ぐ中で裁判所の結論は割れており、最高裁の判断が注目されていた。検索業者の対応にも影響を与えそうだ。

 男性は、名前と居住する県を入力して検索すると、2011年に児童買春事件で逮捕された際の報道内容が表示されるとして削除を求めていた。

 最高裁は、判断に当たり▽情報の内容▽被害の程度▽社会的地位―などを考慮すべきだと指摘。その上で「児童買春の逮捕歴は今も公共の利害に関する。男性が妻子と生活し、罪を犯さず働いていることなどを考慮しても、明らかにプライバシーの保護が優越するとは言えない」と結論付け、男性側の抗告を棄却した。

 さいたま地裁は15年の決定で「忘れられる権利」を認めるなどして請求を認容。しかし、東京高裁は16年、地裁の決定を取り消した。

 最高裁は、別の男性らが検索結果候補の削除などを求めた計4件の訴訟についても上告を退け、原告側敗訴が確定した。

出典 http://

(画像引用)
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/noabooon/20160520/20160520075803.jpg

http://img.news.goo.ne.jp/picture/kyodo_photo/mkyodo_photo_PK2015122492379002_BI_JPG_00.jpg

こんなに簡単にブログが作成できるなんて!!
こんなに簡単にブログが作成できるなんて!!

1

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

月別アーカイブ