旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

共謀罪国会提出・恐ろしい監視社会が来る

ニュース

共謀罪国会提出・恐ろしい監視社会が来る
FX両建て必殺技

共謀罪国会提出・恐ろしい監視社会が来る

月21日安倍政権は「テロ等準備罪」=「共謀罪」を閣議決定し、国会に提出しました。
これはもう、大変なことになったと思います。

とにかく安倍さんは、強権政治が好きなようですね。
この共謀罪は、今まで政府が国会に提出しようとして3度も提出できなかったほど、国民の批判が強かった法案です。


それを、テロの準備を取り締まるためという理由で、あらゆる組織の討論内容や発言内容を監視し、テロの準備をしているのではないかという疑惑の目で、警察官を送り込んで監視させる法案です。


安倍さんは、正に戦前の治安維持法のように、「仮想身分捜査」という捜査方法を警察組織等に認め、捜査員が狙いを定めた組織の一員に化けて、スパイ活動をし、場合によっては、準備?をした人を連行するところまで認める法律です。


これって、恐ろしくないですか?
労働組合とか、会社の理事会とか、諸団体の役員会議などが監視されるということです。
なにしろ、2名以上で何かを話し合えば、「怪しい」と思われたら、この法律の対象にされて、監視されるのです。


これはやばいですよ。


改正案としては、適用対象をテロ組織や暴力団、麻薬密売組織など「重大な犯罪」の実行を目的とした「組織的犯罪集団」に限定しているとされていますが、これらの集団を監視したり取り締まったりするのに、わざわざ共謀罪を創設する必要などありません。


安倍さんは、あくまで、これを機に、盗聴やら、スパイ活動やらの捜査活動を大きく拡大し国民の集団活動を抑制していこうとする意図で、成立を計って入りとしか思えませんね。


危ない、危ない、くわばらくわばらです。


「(共謀罪の)政府のねらいは『監視社会』、『身の回りに警官が入り込む社会』にあるのではないか」~ジャーナリスト、弁護士、大学教授らが講演――3.21院内集会 共謀罪創設に反対する百人委員会 2017.3.21

スポンサーリンク


1

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

月別アーカイブ