憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

【注目記事】18歳未満結婚禁止

芸能

【注目記事】18歳未満結婚禁止
  • FX両建て必殺技
FX両建て必殺技

18歳未満結婚禁止法案を閣議決定

ドイツが4月5日18歳未満の結婚を禁止する法案を閣議決定しました。
これがもし日本なら、とんでもない大騒ぎになっているのではないでしょうか?


ドイツには、ナチスドイツによるホロコーストと言われるユダヤ人大量虐殺の苦い歴史があり、難民の流入に対して他の国々より比較的規制が緩やかと言われます。
そこで、ドイツには現在中東からの難民流入が続いています。

ドイツ政府が18歳未満を結婚禁止に踏み切った背景には、難民流入が背景にあるようです。

多くの難民の中には、18歳未満で結婚が本人の意に沿わない事情によるものが多く、様々な弊害が生じている事情があるようです。

児童婚の急増

例えば、ヨルダン、シリア難民の場合ではユニセフ・ヨルダン事務所の報告書(2014年)にあるように、児童婚というものが急増している事情があります。

なぜ、児童婚が増えているかといえば、児童婚に共通する理由として、
・貧困またはたくさん娘がいる大家族の負担の軽減
・幼い少女への保護の提供
・文化的または家庭での伝統の継続
・虐待的な家庭環境にある少女の避難手段

などが指摘されていると言われています。

やはり、根底には貧困という事情があるのです。

ユニセフ・ヨルダン事務所代表のロバート・ジェンキンスは「18歳未満で結婚すると、少女が妊娠に伴う合併症を患い、虐待の被害を受ける恐れが高まります。また、教育を受けられなかったことから、経済的な機会を得ることがより限られる結果、貧困の連鎖に陥りやすくなります」と述べました。

早期婚と児童婚

ヨルダンのザータリ難民キャンプの心のケアプログラムで避難民の若者が描いた絵

ドイツ政府は、国際的な標準となっておる18歳未満の結婚である、早期婚や児童婚を防ぐことで、早期婚や自動婚から生じる様々な問題に対処しようとしているものと思われます。


根底にあるのは、難民の貧困です。教育を受けられない、就職がない、差別があり保護は必要といった課題をどう解決していくのか、ドイツ政府にとっては難問が続きます。


幸いなことに、日本においては難民問題が大きくなってはいませんが、西欧や米国のように大量の難民が流入してきた場合には、一体どのように対応することになるのでしょうね。


スポンサーリンク



1

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

月別アーカイブ